輸出を外注する方法

輸出を外注するというと、ワケのわからない話かと思いますが、
事実こういったことが可能なのです。


たとえば、SOHOです。

こちらで、Amazon輸出のためのさまざまな手続きや方法を人にやってもらうことが原理的には可能です。


アカウント作成などの個人情報は難しいかもしれませんが、価格改定や出品程度なら、
やってもらえるでしょう。


もちろん、無料でやってくれるサービスではないので、
お金が発生します。


こういった部分にも気をつけましょう。


私が現在、気をつけていることは、なるべく外注に頼らず、自分でやるということです。


やっぱり外注にしたとしても、こちらの要望を正確に聞いてくれる保障はありません。

さらに、細かいやりとりをする必要が発生した場合に、電話やメールが頻繁にできない相手だと
せっかくやってもらったのに、修正が必要になってしまったりすることもあります。


やはり、知らない人が相手なので、意思疎通がうまくいきづらいのです。


こういった部分で、大変な思いをする可能性がありますから、
十分気をつけてから、さまざまな施策を考えたほうがいいと思います。

Amazon輸出の方法として異色な方法でしたが、
外注の方法を紹介しました。